水野美紀の生い立ちが思った以上に壮絶だった!生死の境をさまよう

一点を見つめる水野美紀 女性芸能人

13歳から芸能界で活躍し、現在は怪演女優と呼ばれて注目を集めている女優の水野美紀さん。

今の彼女が存在するのは、2人の恩人からの輸血によるものでした。

この記事では水野さんの生い立ちについて調べてみましたので、よろしければご一読ください!

意外な過去

水野美紀さんはRh式血液型不適合妊娠により出生して、産まれたばかりで生死の境をさまよっています

ちなみにRh式血液型不適合妊娠とは、母親の血液型がRh(-)、父親の血液型がRh(+)で、胎児の血液型がRh(+)のため新生児溶血性黄疸が起きる場合をいいます。

水野さんの場合を分かりやすく言うと「自身の血液を半分抜き、そこにB型の健康な20歳前後の人の血液を輸血しなくてはならない状況」です。

その時に町内の輸血の呼びかけに集まった約100人の内の適合者2人からの輸血で、一命を取り留めた過去があるのです!

その後6歳までは脳に障害が出るリスクがあったものの、大病せずに成人しています。

大人になってから、輸血してくれた男性の1人には直接お礼を言える機会がありました。

まさに命の恩人ですが、水野さんよりもお相手の方が緊張していたのではないでしょうか(;^ω^)

アクション女優としての印象が強いためか、とても意外な過去に驚きですね!

デビューは?

水野美紀さんは1987年、13歳の時に「第2回東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト」に出場し、準優勝に輝いています。

同オーディションがきっかけで芸能事務所のグリーンプロモーションにスカウトされて芸能活動を開始。

デビュー作は「地球戦隊ファイブマン」で、ミリア星人ソーラ役でゲスト出演しています。

出典:https://twitter.com/Kensuke_ex/status/1436870188431933440

時を経ること約30年。

NHK総合の特撮ドラマ「超速パラヒーロー ガンディーン」で、水野さんは異星人のラスボス・ラルー役として帰ってきました!

出典元:https://twitter.com/riha8810/status/1408954445686218756

人に歴史あり!

水野さんの歩んできた30年の重みが感じられますね(;^ω^)

衝撃的なCMで話題に

転機となったのは1992年、18歳の時に唐沢寿明さんと共演したCMです。

ねぇ、チューして」というセリフが印象的でした。

出典:https://twitter.com/natsukashi__/status/1622233581773799424

そもそもキスをすることは現場で知ったという水野さん。

彼女の事務所からのNGを想定した制作側が、事後承諾を狙ったものでした、

確かに売り出し中の若手女優の仕事としては、OKは出しづらいでしょうね(;^ω^)

いざふたを開けてみると、結果オーライ!

このCMで「相手役の女性は誰?」と大きな話題になっています。

実際にキスをするという刺激的なCMだったため、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。