ホラン千秋のブレイクのきっかけは?必要不可欠だった2つの要素とは

談笑するホラン千秋 女性芸能人

今やキャスターとしてすっかり夕方の顔となったタレントのホラン千秋さん。

マルチな才能で活躍する彼女はどのような道を歩んできたのでしょうか?

今回の記事ではホラン千秋さんの人生の分岐点について調べてみましたので、よろしければ最後までお付き合いください!

ブレイクのきっかけは?

きっかけは2012年、日本テレビ系情報番組「NEWS ZERO」に大抜擢されたことです。

出典元:https://twitter.com/doorknobsmz/status/1342656699916664832

この番組でキャスターとしての経験を積んで、2017年には「Nスタ」に就任し現在も好評放送中です。

もちろん直接的なブレイクのきっかけはキャスターへの抜擢です。

しかし実際は、抜擢の背景となる2つの大きなブレイクポイントが存在したのです!

①ショートカットでイメチェン

出典元:https://twitter.com/kodama414a/status/1235584355688308736

ショートカットにしたのはドラマ「陽はまた昇る」に出演するための役作りでした。

本人は「芸能界で生きて行く」という決意表明だった、と振り返っています。

このイメチェンで「仕事と自分のイメージがハマった」と分析しています。

確かにショートカットにしたことで、知的でデキる女性のイメージになりますよね(^^♪

そんなホランさんの現在の悩みは、髪を伸ばすと売れない時代に戻ってしまいそうで怖くて伸ばせないことだといいます。

②アメリカ留学で広がった視野

ホラン千秋さんは青山学院大学の文学部英米文学科に進学しています。

彼女の大学時代は芸能の仕事がなく、本人は暗黒時代だったと回顧しています。

サークルや学校祭には一切参加せず、授業以外は近所のスーパーでレジ打ちのアルバイトの日々を過ごしているのです。

出典元:https://twitter.com/jisinjp/status/982876877193801728

人生イージーモードのような印象がありますが、下積みは実に10年!と意外にも苦労していたんですね(;゚Д゚)

そこで一念発起して1年間の留学を決意、アメリカのオレゴン州立大学で演技や学問としての演劇を勉強しています。

芸能界で活躍する人は総じて行動力があり、自ら未来を切り拓いている印象が強いですが、ホランさんも例外ではないようです。

留学で多角的に演劇を学び、視野が広がったことで役者以外にも興味を持つようになった彼女。

自らの可能性を広げるためにタレントやキャスターのオーディションにもチャレンジした結果、徐々に仕事が決まっています。

留学を機に考え方を変えて、しっかりとチャンスをモノにしているのはさすがですね!

2つの要素があってこその抜擢

ショートカットでのイメチェンや留学後のキャスターオーディション挑戦。

そもそもこの2つの要素を満たしていなければ、キャスターとして声が掛かることはなかったはずです。

何事もあきらめずに挑戦し続けることの大切さをしみじみと感じました(^^♪

プロフィール

こちらがホラン千秋さんのWiki風プロフィールです!

本名:ホラン千秋

生年月日:1988年9月28日

年齢:35歳

出身地:東京都多摩市

血液型:A型

身長:160cm

最終学歴:青山学院大学文学部英米文学科 卒業